インドネシアルピアチャート

インドネシアルピアチャート を見れるサイトがたくさんある中で、当ブログのオススメ老舗為替サイトは、1997年から正確な為替情報を無料で提供し、高い評価を継続して受けている「www.xe.com」です。

海外のサイトですが、日本語対応しているので、「www.xe.com/ja/」を開けば、日本語でサイト閲覧が可能です。

スポンサードリンク:

インドネシアルピアチャート

インドネシアルピア円チャートを見るには、「XE通貨換算ツール」から換算したい金額と換算前の通貨と換算後の通貨を入れます。円からルピアであれば、左側のコラムで円を選び、右側のコラムには、ルピアを入れます。

インドネシアルピア円チャート

青いボタンをクリックする当日のレートが見れます。2014年7月10日のレートは、1円=115.082インドネシアルピアでした。

XE通貨換算ツール

チャートを見るには、左側にある「グラフを表示」をクリックします。そうすると過去1日(24時間)の円ルピアの値動きが見れます。

インドネシアルピアチャート(過去1日の円ルピア)

 

わずか1日の値動きでは、直近の動向を掴みづらいので、過去1ヶ月間の動向を見たい場合は、「1M」(1 Month =1ヶ月)をクリックします。

インドネシアルピアチャート(過去1ヶ月の円ルピア)

過去1年間の動向を見たい場合は、「1Y」(1 Year = 1年間)をクリックします。

インドネシアルピアチャート(過去1年間の円ルピア)

他にも「2Y」(2年間)、「5Y」(5年間)、そして最長で「10Y」(10年間)を閲覧可能です。

期間を10年間まで遡ってみれるのが、この為替サイトの魅力です。

10年間の長期間で見てみると現状の円ルピアは、円高なのか円安なのかというのが、掴みやすく、為替の大きな動向を理解するのに役立ちます。

インドネシアルピアチャート(過去10年間の円ルピア)

上記過去10年間の円ルピアの動向を見てみると円高のピークが、2008年後半の1円=130ルピア水準で、円安のピークは、2007年年初の1円=73ルピア前後の水準です。

例えば、現在(2014年7月10日)は、1円=115ルピアなので、過去10年間では、円高寄りだということがわかります。

今後、為替がどう動くのかということについては、不確定要素がたくさんありますが、今が、歴史的に見てどれくらいの水準なのかは、その都度、知っておくと出張や海外赴任の際に思わぬところで役立つかもしれません。

スポンサードリンク:

2015/02/18