インドネシア 不動産 外国人にも50億ルピア(約4,636万円)以上のアパート購入を認めていく新方針!

●ブロドジョネゴロ金融大臣は、6月24日にインドネシア政府は、50億ルピア(約4,636万円)以上の不動産に限り外国人による不動産所有を認めていくと発表

●現在、インドネシア政府は、1996年に作成された外国人による不動産所有規制を見直し中

スポンサードリンク:

●判断は、ジョコ・ウィドド大統領がインドネシアの不動産業界団体であるリアルエステート・インドネシア(REI)との会合後に下された

●不動産開発会社ガプラ・プリマ・グループの代表によれば、今回の措置により不動産は、20%上昇する可能性があるとのこと

●外国人の所有が認められるのは、アパートのみで土地付き戸建て物件は対象外

詳しくは、ソースを。

ついに外国人へのアパート(コンド)購入も認可されることに!

スポンサードリンク:

-建設