インドネシア 海外からの投資 :中国が、シンガポール・日本を追い抜き一番に!?

2015/06/19

●中国が、シンガポールと日本を追い抜き、インドネシア最大の海外投資元となる可能性が高まっている

●中国は、セメントやパワープラント等への投資へ関心があるものの過去には、調査のみで投資実行まで至らなかった事例が多数

スポンサードリンク:

●2005年〜2014年の間の中国からの投資案件の実行率は、わずか7%で、BKPM側の目標値は、30%

●今回、金融や資源への投資を除いた中国からの投資は、830億ドル(約10.2兆円)という見通しとなっており、日本の116億ドル(約1.4兆円)やシンガポールの1億8,500万ドル(約228億円)を大きく上回る

●BKPMは、今後、中国からの投資を誘致するための特別班を設ける予定

●中国の2014年度の投資総額は、シンガポールの58億ドル(約7,168億円)、日本の27億ドル(約3,336億円)を大きく下回る8億ドル(約989億円)だった

詳しくは、ソースを。

数年後にインドネシア投資で中国が一番になるのは、避けられない事かも

スポンサードリンク:

-経済