インドネシア 小売 市場 2015年ラマダン・イドゥル・フィトリ期間は、前年比36%の見通し!

●インドネシアの小売業者の見通しでは、イスラム教のラマダンおよびイドゥル・フィトリ祭の月の売上高は、昨年対比36%減となる見込み

●インドネシア小売り協会によれば、6月18日〜7月17日の売上高予想は、15兆ルピア(約1,379億円)としており、昨年掲げていた25兆ルピア(約2,298億円)から大きく下回る予想値となる

スポンサードリンク:

●また、インドネシア小売り協会は、2015年度の年間小売り売上高も2014年度の168兆ルピア(約1.5兆円)から10%減となる152兆ルピア(約1.4兆円)としている

●インドネシア銀行による消費者信頼感指数調査でも消費者の電化製品、家電、自動車用品の購買意欲が衰えているという結果が出ている

詳しくは、ソースを。

36%減は、大きな後退!

スポンサードリンク:

-小売
-, ,