インドネシア 就労ビザ 条件 で協議中だったインドネシア語検定の要件は、大統領判断で撤廃へ!

●ジョコ・ウィドド大統領は、労働ビザ取得時の要件の1つとして検討されていたインドネシア語の能力検定を撤廃することを発表

●2009年の言語に関する法案によれば、インドネシアで就労する外国人労働者は、インドネシア語の授業を受けることが必須とされており、2013年の法案では、外国人労働者は、インドネシア語でコミュニケーションを取れる必要があるとしていた

スポンサードリンク:

●今年1月には、全ての外国人労働者にインドネシア語検定を取得するよう義務付ける案が挙がっており、外国人及び現地投資家からの強い反発があった

●ジョコ・ウィドド大統領の判断の背景には、投資資金の流入を継続させるためと解釈されている

詳しくは、ソースを。

外国企業・外国人駐在員やインドネシア経済の発展にとっては、前向きな判断!

スポンサードリンク:

-社会