スカルノハッタ国際空港 火事 を経て今後、最大30店舗のテナントの閉鎖・移転を計画中!

●先週火事があったスカルノハッタ国際空港の国営運営会社であるアンカサ・プラII(APII)は、今後、最大30店舗の閉鎖・移転を計画中

●同社は、2ヶ月前からターミナル1と2にある20店舗を移動済みで、今後数ヶ月以内に後10店舗を移動させていく計画

スポンサードリンク:

●空港内では、店舗以外に十分に座れる場所がないため、APII社は、商業店舗を移動し、500席の公共広場を設ける計画

●先週金曜日にターミナル2EのJWスカイラウンジのオーブンから発生した火事は、ターミナル内の電力停止につながり、フライトスケジュールの遅延にもつながっている

●スカルノハッタ国際空港は、元々2,200万人の搭乗客を想定して建設されたものの昨年度の搭乗者数は、5,700万人を突破しており、APII社は、中長期目標として空港内の混雑を緩和していく

詳しくは、ソースを。

渋滞問題と同じですぐには、解決しそうにない課題

スポンサードリンク:

-運輸