プラボウォ・スビアント大統領候補

プラボウォ・スビアント大統領候補

●1951年10月17日生まれ

スポンサードリンク:

●著名な経済学者であるディジョジョハディクスモ氏の息子

●高校卒業後、中央ジャワのマゲランにある軍隊養成校に入学

●瞬く間に出世をし、特殊部隊(Kopassus)の司令官に

●その後、軍事戦略司令部(Kostrad)のトップにも任命される

●1990年代前半には、東ティモール独立運動を撲滅させるため東ティモールに滞在

●1998年には、1998年に民主主義運動家らの拉致や失踪に一躍買っていたという噂も

●スハルト政権崩壊後、プラボウォ氏は、軍隊を解任され、ヨルダンに自発的に移住

●その後、インドネシアに帰国し、政治に参入

●2004年には、ゴルカル党の候補として大統領選に参戦する見通しだったが、ポジションは、元軍人であるウィラント氏のものとなったため、自ら「偉大なるインドネシア運動党」を設立し、2009年の選挙に参加

●大統領候補を任命するだけの十分な票が集まらなかったためスカルノ大統領の長女であるメガワティ氏の副大統領として選挙に出ることが決定

●しかし、選挙の結果、ユドヨノ・ボエディノのペアに負けることに

詳しくは、ソースを。

http://www.indonesia-investments.com/news/news-columns/towards-indonesias-presidential-elections-a-profile-of-prabowo-subianto/item885

スポンサードリンク:

2015/02/18